合格のための四谷学院の講師

担任の先生がいらっしゃるということが特徴

受験生に合わせた指導を受けることのできる予備校もあるほかの予備校にはない55段階の個別指導が行なわれている担任の先生がいらっしゃるということが特徴

このようにそれぞれの科目ごとに自分のレベルがわかるということで、科目ごとにレベルに応じた指導を受けることができるというメリットがあることになります。
また、大勢の一斉授業に比べると講師の先生との距離が近いということでわからないことがあればすぐにでも質問をすることができるということもメリットのひとつです。
生徒が大勢いる場合というのは、ひとりひとりの学力の把握というのは難しいもので、個別指導による指導ではそれぞれの科目ごとにひとりひとりの学力の把握もしやすいということにもなります。
また、このように勉強を指導してくれるための講師の先生というのは受験勉強のためには必ず必要になってくるものですが、四谷学院では勉強を指導してくれる先生のほかにもひとりひとりの受験生のために担任の先生がいらっしゃるということが特徴として挙げられます。
大勢の受験生がひとつの教室に集まるような授業形態においてはなかなか難しいものですが、四谷学院ではこのようなほかの予備校にはあまり見られないような担任の先生が進路指導などについてのサポートをしてくれるということで、受験生にとっては非常に大切な先生ということになります。
中学校や高等学校などにも担任の先生はいらっしゃるものですが、予備校にも担任の先生がいらっしゃることで受験の日の当日までひとりひとりのことを考えてサポートしてくれる環境が整えられていることになり、受験生はなにかと不安なことも多いものですが、このようなサポートをしてくれる担任の先生の存在は大きいものです。